ダック引越センターユーザーの引越しノウハウ(単身引越し編)

 

単身引越し経験者に引越しのアドバイスをインタビューしました

 

 

ダンボールに一工夫

ダック引越センター利用者の引越しノウハウまとめ

先日、ダック引越センターにて引越しを行いました。

 

キッチン用品、割れ物などを梱包した時は、段ボールに他の段ボールと別の色のガムテープを貼ると良いです。

 

そうすれば業者さんの目にも一目で割れ物だと分かりますし、来て頂いた時に
「その色のガムテープが貼ってある段ボールは割れ物が入っているので気を付けて下さい」と一言伝えるだけで済みます。

 

この方法はアート引っ越しセンターの方に教えて頂いたことです。

 

始めはどの業者でもそうなのかと思っていましたが、その後別の業者さんにお願いしたところ、違う色のガムテープは貰いませんでした。

 

その時は、以前引っ越しした時の余りのガムテープが残っていたので、その色を使って梱包し、運んで頂きました。
そのおかげか、食器など割れた物は一つもありませんでした。

 

プロなので、食器を割るといった失態はどの業者さんでも起こり得ないことなのしれませんが。

 

 

 

 

旧居掃除は徹底しましょう+α

 

引っ越しをした後の部屋は出来るだけ綺麗に掃除をしたほうが良いです。

 

でないと保証金でリホーム出来ないと言われ余計な出費になる可能性があります。

 

引っ越しをする部屋のチェックは隅々までする方が良いです。

 

まず、昼と夜とでは周りの雰囲気が違うので出来るならば昼と夜の二回見ておくほうが良いと思います。
私はそれで失敗して夜の騒音で寝れなくなったりしたした。

 

網戸が付いているなら破けてないか、トイレの座椅子はしっかり接着されているか、水が出るのであればシャワーヘッドからの水の出方等備え付けのものは確認しておいて損はないです。

 

後から大家に言ってもなおしてもらえないことがあるからです。

 

後、エアコンが付いているならば必ず入る前に排水管の掃除がされているが確認しておくのをオススメします。
つけた時に水漏れすると大変なことになりかねないので。

 

 

 

 

荷物整理のノウハウ

 

ダック引越センター利用者の引越しノウハウまとめ

万が一、梱包用のダンボールが足りない時は、もちろん100円均一ショップなどにも置いてあるが、一番いいのはコンビニやスーパーでいらないダンボールをもらうこと!
これならタダですみます。

 

あとは梱包したダンボールに中身を撮影したチェキを貼り付けること。

 

『衣類』など文字で書いてもいいのですが、写真で貼り付けておくことによって、自分で梱包しているし、中身をより鮮明に思い出せる。

 

あとはノウハウではないが、引越しをきっかけに、いるものいらないものの選別を行って、スッキリした状態をキープするのがいいと思う。

 

断捨離するのって勇気がいるけど、引越しのタイミングだとそれが自然にできるのではないかなーとおもいます。

 

特に洋服は、3年着ていなければもう着ない!と心を鬼にして捨てます。

 

 

ダック引越センターユーザーの引越しノウハウ(夫婦で引越し編)

 

 

引越し前にやっておくべきこと

 

結婚を機にダック引越センターにて引越しを行いました。
平べったいお皿は横に並べて上に重ねて詰めていくのでなく、立てて箱詰めすると割れないし、良いと聞きました。

 

ダンボールに箱詰めした際は、箱に何が入っているだけでなく、どこの部屋かも書いた方がよりスムーズにいきます。
(例「リビング テレビ台まわりの小物」)

 

割れ物は大きく「割れ物」と書くと後で業者さんが「割れ物注意」のステッカーを貼ってくれます。
衣装ケースやタンスの洋服はある程度入れていても、そのまま持って行ってくれます。
(わざわざダンボールに詰め替えなくてもよいです)

 

ダンボールを一つ残しておいて、最後に掃除機をかけ終えたら、残り一つのダンボールに梱包!
台所用品や洗面所、お風呂場用品はダンボールの中にビニールを敷いて箱詰め。
(中身がベトベトならないように)

 

 

 

 

見積り時の注意ポイント

 

ダック引越センター利用者の引越しノウハウまとめ

引っ越しの見積もりは必ず複数社に来てもらうようにしています。

 

他社競合になると、初めに言われた金額より半額程度まで下がることが多いです。

 

金額面の比較もそうですが、作業員の数や提供される梱包材の数・種類なども比較して、総合的なコストパフォーマンスで選ぶようにしています。

 

今回はダック引越センターで満足な引越しが出来ましたが、次回行うときはまた色々候補を作って選べればと思っています。

 

梱包の際は、新居ですぐに必要なものとそうでないものを分けて箱詰めし、すぐに開けるものには目立つように印を付けておくと、荷解きがスムーズです。

 

 

 

 

引越し前の手続きについて

 

ダック引越センター利用者の引越しノウハウまとめ

引越しのときが1番の断捨離のときだと思っているので、とにかく本当に必要なものだけ残してあとは処分するようにしています。
特に服や本などは身軽になるようにしています。

 

また引っ越したあと、引越しのお知らせや住所変更などをする前に必ずしておきたいのが郵便局の転居サービスです。
古い住所に届く郵便物が1年間、新しい住所に届きます。

 

郵便局に行けばすぐに手続きできますし、引越し直後は荷解きや新しい環境に慣れるため忙しくなり住所変更の手続きが後回しになってしまうことも多いので便利です。

 

しかし、年賀状は対象にならない可能性があります。

 

以前、年末に引っ越したため旧住所に届いていた年賀状が全て宛先不明で返送されていました。

 

年末は避けて利用するのが適切です。

 

 

関連ページ

ダック引越センターで引越しを上手くするコツ
ダック引越センターで引越しを経験した女性から荷造りについてインタビューしました。引越し当日をスムーズに迎える為のコツが沢山載っております!
ダック引越センター利用者インタビュー No1
ダック引越センターの感想と一緒に前回頼んだ業者の感想と引越しノウハウを掲載しております。お得な情報が多く入っておりますので要チェックですよ!