ダック引越センターユーザーの引越しノウハウ(家族で引越し編)

 

荷造り関係

 

ダック引越センターで引越しを上手くするコツ

ダック引越センターで引越しを頼みましたが、今回の荷造りは本当に時間がかかり大変でした。

 

箱に詰めたりいらない物を分別しているその合間にどうしても掃除がしたくなり、今度はついつい掃除に力が入ってしまいまたなかなか先に進まない…
結局私は当日になっても全ての荷物を箱に詰め込む事が出来ず、そして箱も足りなくなり、当日引っ越し業者さんに中古の箱をいただいてそこに放り込むように詰め込むと言う事態になってしまいました。

 

長年住んだ賃貸ですと、経年劣化が適応されて敷金はほぼ全額帰って来るのでうちのように20年も住んだのであれば過度のクリーニングは必要ないと思っていいと思います。

 

とってもキレイにしたつもりですが結局大きな家具や冷蔵庫の後ろはとっても汚かったです。

 

そして北側の部屋は思った以上に家具があった場所がカビてしまっていて、洋服タンスを新居へ持って行く予定でしが引っ越し業者さんに「これは新居には持って行かない方がいい」とまで言われるほどタンスの裏側が汚くなっていました。

 

新居にはタンスを置く場所まで作ってあったのでとても残念でした。
北側のお部屋の家具や押し入れの中の物はよくチェックした方がいいと思います。

 

 

 

荷物の持ち運び関係

 

ダック引越センターで引越しを上手くするコツ

わたしはあまり、ダンボールなどに荷物を詰めたりしません。
衣類などは洋服ダンスにそのまま入れてそのままで送ります。

 

遠いところに引っ越す時はベットや冷蔵庫などの家電、大きいものは運賃もかさむので現地で購入していました。

 

その方が金銭的にみると高つく方かもしれませんが楽です。
楽しみにもなります。

 

今までは市内での引越しが多いため車で荷物を運んでの引越しをよくしました。
都会ではレンタカーを借りて荷物を運びました。

 

運送会社に頼むより安いですし、周りの知人などに5000円などバイト代を出して手伝ってもらう方が安く済みます。
一番引越しの際かかる費用が運送会社に頼むことだと思います。
そこをおさえることができるのならばおさえたいですよね。

 

 

 

ダンボールへの一工夫

 

当たり前のことだとはおもいますが、
まとめた段ボールに何が入っているかマジックなどで目印をつけることが大切です。

 

引っ越しで疲れてるうえに何がどこにあるのかわからなくなるとさらに疲れてしまします。

 

引っ越し業者の方にこの段ボールはリビングでこちらはキッチン…などお願いすることも可能ですので新居についた後がとても楽になります。

 

あとやはり引っ越しはお金がかかりますので、
できるだけたくさんの業者に見積もりをお願いして比べてみることも大事だと思います。
引っ越し代金は業者によってまちまちです。
(ダック引越センターは安い方だと思います)

 

業者によっては段ボールを無料回収してくれたりその他のサービスもたくさんあるのでよく確認して決めることをおすすめします。

 

ダック引越センター・女性ユーザーが教える「荷造りを上手くするコツ」

 

ダック引越センターを利用した女性に荷造りのコツをお聞きしました

 

 

 

私が引越しする際に意識したことは、引越し先への荷物を減らすことです。

 

今回、ダック引越センターでの引越しでも意識して準備をしました。
引越し先に持って行った後にいらない物を捨てるのではなく、引越し元でいらないものを全て捨てて引越し先での荷解きを楽にしたかったので。

 

本やCDなどは引越しを機に思い切って売りました。
引越しのようなタイミングで売らない限り、また棚にしまって箪笥の肥やし状態になりそうだったので売って良かったです。

 

また「今日はリビング」「今日は台所」というように一日にやる箇所を一カ所と決めて荷造りをしました。
結果一日・一週間で予定が立てられて目標達成を目指して頑張れたので良かったと思います。

 

 

 

 

ダック引越センターで引越しを上手くするコツ

とにかく、どこに何が入っているか一目瞭然にしておくことが大事なので、箱に書いたり紙を貼ったりしておきましょう。
夏物、とかではなく、スカート・半袖Tシャツ、等中身をきちんと書くことが大切です。

 

小物は、水回り、玄関など、生活スペースごとに一箱にまとめておいて、その一箱を開けたら全部入ってるくらいにしておくと、荷解きが楽です。

 

タンスの中身を出さずに搬入出してくれる所もあるのでそういった所は最大限利用しましょう。
本やオモチャは、ダンボールの箱よりも、小さめの衣装ケースに入れて運ぶと、後でそのまま納戸にしまえたりするので便利です。

 

プラスチックの衣装ケースは色々な物をしまって持って行けて、そのまま保管出来るのでとても便利です。

 

 

 

 

ダック引越センターで引越しを上手くするコツ

引越はダック引越センター含め、何度かしていますが、荷詰め・荷ときはいつも自分でしています。
そのほうがどの箱に何が入っているか、引越前後に助かるからです。

 

また、普段使わない物から荷詰めするのは当然ですが、段ボールの蓋は開けたままにしておきます。
ガムテープで留めるのは引越前日の夜か当日の朝。
いらないと思っていても、意外とまだ使うものがでてきたりするんですよね。

 

また、今はネットで何でも出来る時代。
水道・電気・ガス等、ネットで引越届けを出せる物はあらかじめ出しておくと、引越後にネット環境が整っていなくても慌てませんよ。

 

特に電話・ネットの引越は早めに手配する事で引っ越してからすぐに利用できるようになり、便利です。

 

 

関連ページ

ダック引越センター利用者の引越しノウハウまとめ
ダック引越センターで引越しをした方にアドバイスをお聞きしました。どれも実用性バッチリですので、是非ご参照下さい。
ダック引越センター利用者インタビュー No1
ダック引越センターの感想と一緒に前回頼んだ業者の感想と引越しノウハウを掲載しております。お得な情報が多く入っておりますので要チェックですよ!