某大手からダック引越しセンターに乗換えての引越し

 

 

ダック引越センター利用者インタビュー No2

以前引っ越した際に見積もりの段階で、某大手業者に見積もりをお願いしたけど
「断るなんて人間じゃない!」などと電話越しでおそろしく感じが悪かったので、ダック引越センターにお願いしました。

 

とても感じがよく、丁寧だったためその次の引越しからもダック引越センターにお願いしています。
営業の方だけでなく、実際に引越し当日に来てくださった作業者の方もとても丁寧な作業を行ってくださいました。

 

引越し後に発生する不要なダンボールもあとから回収にきてくださり、マンションでは引越しのダンボールは捨ててはいけない決まりになっているため、とても助かりました。

 

テレビボードが組み立て式なのですが、転出の際にはお願いしていませんでしたが、きちんと一度取り壊して運んでくださり、新居に入居の際にも組み立ててくださいました。

 

土日に引越し業者にお願いするとやはり料金が高いため、日にちは指定するも時間は引越し業者の好きな時間にしてもらうと少し安くしてもらえると思います。

 

3月〜4月も高めの料金設定なのでできるならばこの時期ははずしたほうがいいと思います。

 

引越しの際に、もったいないととっておいたものは捨てたほうが絶対にいいと思います。
クローゼットや押入れの奥のほうから出てきた、前回の引越しから一度も開けていないダンボールなどは、次の引越し先に持っていっても絶対使いません。

 

CDや本などはリサイクルショップに売ったり、家電などは行政の粗大ごみに出すなりして手放して、次の引越し先では管理する物を少なくしたほうが生活しやすいと思います。

 

 

ダック引越センター利用者インタビュー No2

 

また、住む所の道路状況や治安の度合いをチェックして引越し先にするか決めています。
道がごちゃごちゃしてる街には住みたくないですので道関係が微妙だと候補から外しています。

 

また、帰る時にも渋滞したりする確率も高いし車通りが多い街はいやです。
繁華街に近い場所もいやです。
酔っ払いとか繁華街の近くはゴミとかも散らかってるし騒音とかもするので住むのはいやです。

 

コンビニとかが近いと結構夜中まで車の音や人が騒いでる声がうるさいのでいやですね。
電車が通るとこが近いとこや駅の近くはずっと電車の音や駅も人がたくさん集まるとこなので住みたくはないですね。

 

逆に住みたい所は、熊本県阿蘇付近ですね。
友達との旅行で行った阿蘇に住んでみたいです。
自然がたくさんで景色が最高でした。

 

牛の丼ぶりや美味しいソフトクリームがおいしくて忘れられません。
阿蘇に住んだら近くにおいしいお店もたくさんあるし、温泉もあったりゆっくりした日々が送れそうなので住んでみたいです。

 

道が分からないときに寄ったお店の人も優しくて阿蘇の人は優しくてそこも住みたいポイントでした。
自然がたくさんあって住めば夏とかバーベキューとかできそうで、自然と一緒に暮らせそうです。

 

ダック引越しセンターで引越しをした男性による引越しアドバイス

 

 

ダック引越しセンターを使った男性限定でインタビューしました。

 

男性ならではの意見もあるかも!?


 

 

引っ越しの予約は早めにしたほうがいいと思います。
シーズン間近になるとどうしても業者も時間と人が惜しいのでしょうか、割高な料金を請求されてしまいます。

 

いくつかの業者に頼んでも、どこも同じですから、気を付けてください。

 

また、いらないもの、もう使わないだろうというものは思い切って捨ててしまったほうがよいでしょうね。
特に洋服などは、比較的思い切りよく処分できることでしょう。

 

それから、段ボールの中身はあとでわかるよう、ガムテープの色を分ける、きちんと油性ペンなどで内容を書く、などしておいたほうが絶対いいですよ。

 

…それと男性諸氏の方は引っ越しをするのはいいが、親などに見られては困るものもあるのに、引っ越し先に押しかけてこられて難儀して…ということもあるでしょうし、そういった類のものは分散せずにひとつの箱にまとめ、厳重に封をしたほうがいいでしょうね。

 

 

 

ダック引越センター利用者インタビュー No2

 

洋服はプラスチックの洋服タンスなら、しまったまま運んだ方が早い。
あいだにお皿などの割れ物を挟み、引き出しが飛び出ないようにテープ止めする。

 

あとはハンガーにかけたまま運んだ方が早い。

 

自分で運べるものはなるべく運んでしまう。

 

カーテンと照明器具とトイレットペーパーは先に行って取り付けておかないと面倒なことになる。
ちなみにカーテンは展示品アウトレットがお勧め。
普通に買ったらうん万円してしまうものが500円?で買えてしまう。

 

ダンボールの数はなるべく減らした方が、片付けは楽だが、引越し業者はダンボールの方が積み込みやすいし、運ぶのも早い為かなり重くなってもダンボールを使ってあげること。

 

大抵は荷物を入れた日から日割りで家賃が発生するので、末締めなら月末に入れた方がその月の負担がへる。

 

 

 

ダック引越センター利用者インタビュー No2

 

予想以上に段ボールに物は入ることはなく予想の1.5倍の段ボールや大きめのサイズの段ボールを用意しておくとスムーズに荷造りを行うことができる。

 

食器類は新聞を使って段ボールに詰めるのではなく少しお金がかかったとしても業者が用意してくれる食器運び用の運ぶものに詰めてもらったほうがあきらかに開封時楽である上にごみなども出ないのでそれは利用すべき。

 

基本てきに運ぶことしかやってもらえないので
配線や洗濯機等のホースなど自分である程度できるようにしておかないとそのご電気屋を呼ぶなどして更なるお金をかけなければならなくなるので
事前に勉強しておくとよい。

 

あらかじめコンセントの位置の確認を行っておくとそのごの家具の配置に迷わなくて済む。

 

 

関連ページ

ダック引越センター利用者アンケート
ダック引越センターを最大半額まで値下げするとっておきの方法を教えます!簡単に数分で完了するおいしい値下げ方法とは?
ダック引越しセンター・家族プランレポート
ダック引越センターで家族プランを利用した方に感想をお聞きしました。家族引越しをご検討の方は是非、参考にして下さい。